医師転職

仕事の進め方編:明日から見直す‼︎仕事ができる人の特徴5選

とある研修医

今回の記事は

仕事に迷っている人

仕事を効率化したい人

これから仕事を始める人

を対象にしています。

仕事ができるためには?実際働き始めるとこの問題に直面することが多いのではないでしょうか?

実際、周りで仕事ができる先輩を見てどうして仕事を行なっているのか気になったことはありませんか?今回はどういうことをするを意識すると明日から仕事ができるようになるのか?について記載しています。ぜひ参考にしてみてください。

目的から逆算して論理的に仕事をこなす

仕事ができる人は、ロジカルシンキングという考え方を使って仕事を進めています。例えば何か大きな目標があった場合は、それを具体的にどうするのか因数分解して物事に取り組みます。

闇雲に目の前の仕事をこなしていくのではなく最後のゴールを見据えながら進んでいくことができるのです。そのため無鉄砲に始めた人と比べて

問題の本質を捉えることができる

仕事ができる人はビジネス上の問題が発生した際に、問題の本質を考えます。

実際、ビジネス上の問題はその本質を解決しない限り同じミスが起きることがあり得ます。そのためなぜその問題が起きたのか考えて、二度と同じことが起きないように考えます。

そのため、同じ場所でミスをすることが極端に低くなります。

自分の引き出しを最大限活用する

何度も問題解決や目的から逆算を繰り返していると、特定のケースに対して特定の方法が確立されてきます。この繰り返しを行うことで、自分の中の引き出しを増やしていくことができます。仕事において全く同じケースの問題が起きることは少ないですが、似通った問題が起きることはよくあると思います。その問題に対して今まで使ってきた問題解決の方法で使える箇所を使い、物事に対処することができます。

常に自分の仕事を疑っている

最初に考えて出した答えでも、状況が変われば間違えになることもあるので、自分が間違えているかもしれないと疑いながら物事を進めます。

常に問題点を考え、新しい解決法を考えながらどんどん効率化していきます。

アラートを出すタイミングが早い

仕事を進める上で、どうしても自分の能力を超えて来る問題が出て来ることがあります。仕事ができる人は今でどのタイミングでどれくらいの人員が必要なのか、どれくらいの工程があるのかに考え、人に助けをお願いすることができます。

皆さんは何個か当てはまっていたでしょうか?最初は誰しも仕事を取り組むのに効率的にできません。自分がどうしたらいいのか、どうやって行うことが効率的になるのかを考えながらTry &Errorを繰り返しながら物事に取り組んでみてください。

【若手医師・医学生向け】仕事効率化に死ぬほど貢献してくれるおすすめアプリ10選現役医師が仕事を効率化してくれるアプリを3カテゴリーに分類して、わかりやすく解説していきます。どのアプリも本当に使えるものばかりなので自分にあったものを選んでみてくださいね。...

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。