医師転職

仕事ができる人のコミュニケーションの特徴5選【研修医・医学生向け】

研修医になって仕事に初めて取り組む人も多いのではないでしょうか?

実際に自分自身も仕事を始めた時には色々と悩んだりしていました。それで色々なビジネス本を読んだり、自分で色々な工夫をしてきました。

今回の記事は自分は全然仕事ができないと悩んでる人向けにどうしたら悩んでいる人向けに仕事ができると人の特徴を紹介していきます。

仕事ができる人とは?

仕事ができる人とは、自ら仕事を見つけてうまくこなすことができる人を指します。

仕事ができる人は、普通に接しても印象がよく人付き合いが上手な人です。

仕事ができない人は、内面や人からの印象に問題がある場合があります。

実際に人と親密に関われた方が、間違っていると言うことを間違っていると言われたり、色々な情報が自然と集まるため、結果的に仕事の捗り方も違ってきます。

実際に、自分がみた先生ですごいなぁと思った先生は、コメディカルや看護師さんともこまめに情報交換をしていて患者さんの情報をしっかりと手に入れていました。

分け隔てなく接することができる

仕事が本当にできる人は、社内の誰にでも分け隔てなく接することができます。違う大学や違う所属だからといって、不遇にしたり、可愛がらないと言う事はありません。仕事だけでなく、人間性にも一目置かれている傾向があります。

実際に医者の世界であれば割と癖がある人が多いとは思いますが、医療はチーム医療です。チームで何かする時には絶対コメディカルが関わってきます。そこにアプローチできないようであればこれからなんともならないと思います。

ビジネスマナーが身についている

仕事ができる人は、社会人としてのマナーもちゃんとしています。

挨拶や言葉遣い、場所に応じた作法も仕事を円滑に進める上で大事な要素となります。

初期研修医であれば、初期研修医のマッチングの応募書類や、研修センターの方への態度で不遜な態度を取ってる人が目立つ印象です。正直、感謝の言葉や謝罪の言葉がすぐ出ない人はどの場面でもダメだと思います。そういう簡単な部分は大事にしましょう。

気が利く行動ができる

仕事ができる人は、周りの人に気遣いができます。例えば、輸液の準備をしている人がいたらそっと手伝ってあげたり、薬の量を調べている同期がいたら本をさっと貸してあげたりなどです。実際、気遣いは周りを観察して次に何が必要になるかアンテナを張っていないとできない事です。こう言うことをしているといざという時に周りから助けてもらえます。

表情が柔らかく敵を作りにくい

仕事ができる人は、人とコミュニケーションを取るときに笑顔でいることが多いです。仕事のクオリティについては厳しい一面もありますが、本質的には優しい人と思われています。

いつもしかめっ面をしている人とは、やはり一緒に仕事したくないと思います。救急現場で色々なタスクが山の様にある時には本当に焦ってついついイライラしがちですが、その気持ちで周りに当たらない様にしましょう。

周りに不快を集める行動をしない

正直最初の仕事の覚えたての頃は仕事ができなくて当たり前です。しかし、平気で時間に遅刻してくる、平気で期日を破って提出物を提出するなどのことをしていると助けてもらえるものも貰えなくなります。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。