医師転職

医師が仕事を辞めたいと思った瞬間とは?【忙しい医者向け】

昼夜問わず多くの患者さんと向き合う医師の仕事は、患者さんや家族から感謝されたりしてやりがいも強く感じることも多い仕事です。しかし、精神的にも肉体的にも負担の大きい仕事の一つです。

他の職種と比べて離職率は低い反面、初期研修医や後期研修医などの若い医師の燃え尽き症候群に関しては40%以上の人が経験があるという論文が出ています。

実際、今回は、医師がどんな時に燃え尽きてしまうのかについて書いていきたいと思います。

肉体的に辛いと感じた時

昼夜問わず、呼び出しがあり、当直業務の後の仕事など、他の業界からみるとブラックな環境で働くことが多いのが医師の特徴です。

実際、医者の不養生とはよく言ったもので、患者さんに規則正しい生活をと言っている自分が夜にカップラーメンを食べたり、夜寝る時間が遅かったりと、規則正しい生活ができていないことも少なくありません。

こういう生活が続くと、少しずつ体力が削られ一生こういう生活が続くと考えると転職や退職を考える医師もいるかもしれません。

ミスをしてしまった時

業務上のミスは誰しも人間であれば起こり得るものですが、医師の仕事は人の命を預かる仕事であるため一度の失敗が大きな問題につながることもあります。実際、ヒューマンエラーは日常茶飯事に起こり得る現場だと感じている方も多いのではないでしょうか?また、当直で一睡もできなかった後の業務では全く頭が働かない状況の人も多いのではないでしょうか?

ただ、その中で自分のミスが原因で多くの人を巻き込んでしまった場合には自信を失うばかりではなく、同僚や先輩に顔が合わせづらくなってしまったということも起こります。

人手不足

医療業界は慢性的な人手不足です。医師は科ごとに本当に専門性が強い傾向にあり、プロフェッショナルな仕事であるため、一人にかかる負担がかなり強い傾向にあります。また、誰しもキツい仕事は嫌がる傾向にあるため、医者の中でも楽な診療科に人が流れる傾向にあると言えます。そのため、ある程度忙しい診療科は慢性的な人手不足になりより忙しいという悪循環ができてしまうのです。

人間関係

医師は、受験生活で勝ち残っていた人が多く、何か色々な意味で個性的な人が多いです。

そのような環境では、やはり1番の悩みの種になるのが人間関係になります。

病院をはじめとする医療機関では複数の人が一つのチームを作り、チーム一丸となって患者さんへの治療や療養に携わります。このチームは一丸となれば何倍にも力を発揮しますが、うまく機能しなくなると、関わる人数が多ければ多いほどトラブルが起きやすくなります。

まとめ

今回は医師が仕事を辞めたいと思う理由を紹介しました。

医師として働き続けるために、このようなストレスをそのままにせず、誰か信用できる人に相談したり、気分転換したりすることも大切です。

どうしても辛い時には有給などを使って思い切って休みを取るなど、自分自身のために時間を割いて、気持ちの整理をする機会を作ってみてはいかがでしょうか?

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。