医師転職

自己分析とは?一度はやるべき理由とオススメの方法とは?

皆さんは自己分析を行ったことはありますか?

自己分析とは、今までの人生での経験や考え方などを振り返り、自分の大事にする価値観を再認識にすることを目的とします。

実際に転職や就活を行っていると自己分析が大切と言う言葉を何度か耳にするようになるかと思いますが、正直言うと、自己分析は就活だけに必須のスキルではありません。

自己分析は<自分の人生の「目的」と「手段」を知る>ために大事なことです。

これは就活を始めて行うタイミングだけでなく、人生を主体的に過ごしていくために必要不可欠なことです。

そして、将来どうして生きたいのか、何を目的に生きていきたいのかと言う人生の目的を振り返る方法です。

実際に自分の価値観や目的が明確になると、どの職場を選ぶことが自分にとって大事なのかが明確になります。

自己分析を行う目的とは?

冒頭でも軽く触れましたが、実際に自己分析がなぜ必要なのか分からないとやる気にならないですよね。

【自己分析を行う目的】①転職や就職などの目的を明確にするため

転職や就職の目的は、本当に人それぞれです。人によって「何のために働くことが正解なのか」「どんな目標に向かって歩くことが正解なのか」「そもそもなぜ転職や就職するのか」

と言うことを自分なりの言葉で明確にすることが必要です。

自分の中の言葉で整理することで、人から言われたから行うのではなく、自分なりに主体的に動く意義を明確にすることができます。

ここが明確になると、どのスタイルが自分に合っているのかが明確になってきます。結果的に転職や開業などを決断しなくても、自分の人生の価値観を再認識することができます。

【自己分析を行う目的】②自分の強みを正しく相手に伝えるため

自分自身のことが分からないと折角いいものを持っているのにも関わらず、相手に自分の良さを正しく伝えることができません。

そして自分自身のことがわかるようになると、自分が何を大事にしているかという自分なりの芯があるため、相手に自分がどうしたいかなどを伝えることができるのです。

また相手方の条件が自分に合うかどうかもやはり自分の価値観を明確にしていると、明確に合う合わないが判断できます。

【自己分析を行う目的】③自分の強みを正しく伝えることができる

おそらく、医師免許があれば転職先に困ることはありません。ただ、人によってはエコーが当てることができない人や急変対応ができないなどがあります。

ただ、これは自分がどこまで出来ることができて、どこまで出来ないのかを正しく理解すること必要になります。

実際、仕事において、自分の限界を知る理解するのは大切なことです。そして医療現場はチームで患者さんへの治療を行うため、適切なタイミングで他人のサポートを得ることが必要になります。

【自己分析の目的を確認したら自分にあう方法を見つける】

自己分析をしないと行けないと言われても、実際にどのような方法が自分に向いているのか分からないと言う人もいるでしょう。

実際にここでは自分自身の考えや傾向を一つ一つ分析して自分にあった方法紹介していきます。

個人的にオススメの方法を書いていきます

【自己分析の目的を確認するためにオススメの方法】①自分史を作る

この自分史を振り返ることは、今までの過去や現在までの経験や体験を時系列にまとめ、その中で夢中になって取り組んだことや興味を持って取り組んだことを綺麗にまとめて書いていきます。

実際に感情が揺れ動いた瞬間や強くチャレンジしたきっかけを添えることで、自分にとって大事な価値観や傾向を理解できるでしょう。

<医学生>
  • 国家試験のこと
  • 部活動のこと
  • 留学のこと
  • 受験勉強のこと
<医師>
  • 日常臨床で出会った患者さんのこと
  • 同僚の医師とのこと
  • 大学時代に部活の友達と思いっきり部活をしたこと
  • 海外旅行に行ったこと

などがあるかもしれません。

エピソードを深堀りし、自分がなぜそのように考えたのか、どうしてその行動をしていたのかなど自分自身がその経験によりどう変化したのかに焦点を当てることが大切です。

また自分史を作る際には【きっかけ→取り組んだこと→結果】と言うプロセスで書くとより自分の考え方もまとまりスムーズに進める事ができます。

【自己分析の目的を確認するためにオススメの方法】②モチベーショングラフを書く

モチベーショングラフと言う言葉を知っていますか?自分のモチベーションの変化に注目して今までの人生をグラフ化する方法です。やる気のアップダウンをより可視化することができ、自分が頑張れる環境や出来事を一つ一つ理解することができるので職場を選ぶ際に大きな参考になります

人によっては部活のために生きていたという人もいるでしょうし、他の課外活動に生きていたという人もいるかもしれません。

一度のテンションに身を預けるのはダメ絶対

グラフを書いて終わりではなく、山と谷の部分をしっかりと分析し、なぜこの時はモチベーションが上がったのかなどそれぞれの共通点を分析しましょう。

このグラフを書くことで自分自身がどんなことを求めているのかをより明確にすることができます。

【自己分析の目的を確認するためにオススメの方法】③自己分析ツールを使う

あまり時間がない、客観的に自分を分析してみたいという方は、自己分析ツールを利用して自分自身を分析してみることもオススメです。いろいろな適性検査を受けることで自分自身の性格や傾向、意欲傾向などを分析することができます。

15~20分で自分自身のことを客観的に分析でき、他者から見た性格や価値観を把握することができるかもしれません。

もし、自分が気づいていない性格や価値観について知りたい方は一度してみてはいかがでしょうか?

【自己分析の目的を確認するためにオススメの方法】④他己分析する

自分での自己分析が中々忙しくて行き詰まることがあるかもしれません。そんな時は友人や家族などの周りの親しい人に聞いてみるのがオススメです。

自分にとっては長所だと思っていなかったことや、短所がわかったりするので、新しい自分自身に気づくことができるかもしれません

自己分析を行う上で意識した方がいいポイントは3つあります。このコツを押さえるだけで質の良い分析をすることができるので、ぜひチェックしていください

自己分析する際に忘れてはいけないポイント①第三者的な目線

自己分析するときに主観的に自分自身をみるのではなく、客観的な視点で自分を見ないといけません。

医療で例えるなら一人の患者さんとして自分を見るのです。そこに感情が介入してはいけませんし、なんとなくではなく「こうだからこう」という客観的な指標で自分自身を分析していくのです。

大事にして欲しいのは、自分にとって当たり前が他人にとって当たり前だとは限らず、行動や考えを一つ一つ丁寧に分析することが大切です。

主観的な思考から客観的な思考に抜け出すことができないと、自己分析の結果が自分にとって都合の良いものになってしまいます。

「こういう行動の方が印象がいい」や「自分はこう思うけど倫理的にはこっちがいい」などという考えて分析してしまうと、実際とは異なる性格や長所を捉えてしまうことに繋がります。

先入観をなくし、冷静に自分自身を判断することを気をつけましょう。

【自己分析する際に忘れてはいけないポイント】②自分自身を見つめる

どうして自分はこのタイミングでこの判断をしたのか、どうしてこの体験をしたいと思い行動したのかなど、「なぜ」を深堀りすることが重要となります。

自分自身を振り返り、しっかりと見つめることで自己の分析の質と精度は高くなり、自分自身の本質がわかるようになります

過去の体験だけでなく長所や短所も一つ一つ分析し軸を作りましょう。

面接や履歴書で自分の強みと弱みを聞かれる可能性があるため、必ず両方とも分析して全体を見つめるようにしてください。

【自己分析する際に忘れてはいけないポイント】③1回で終わりにしない

自己分析は一度行うだけで、正しい分析結果が出るとは限りません。

患者さんへの治療と同じように診断してすぐ治療法の結果が出るとは限らないことと同じです。その都度、採血結果を見ながらこの薬の量が適量なのかを判断しますよね?

自己分析も同じです。人生を生きていくと新たな自分に気づき、自分の大事にする価値観に変化が生じるかもしれません。

また何度も自己分析を行うと、結果もブラッシュアップされるため、より質が高い自己分析をすることができるようになります。そして、この自己分析は転職や就活などの現場で行うためだけに存在しているわけではありません。

自分が何か大きな決断をする際にこの自己分析は大きな武器になるのです

最後に

自己分析をする目的を理解することができれば、自分自身の人生をより主体的に生きることができるはずです。

この記事で紹介した分析するコツや注意点をよりしっかり抑えて自己分析してみてくださいね。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。