医師転職

医者が覚えておきたい「第一印象」を大事にする意味とは?

他にも初期研修医を受け入れている病院や、働き始める新社会人が入ってきたり、チームメンバーが入れ替わったりすることも増えていくでしょう。

実際に、医療の世界はチームで行動して患者さんに対してことに当たっていくことも多く、同僚や上の先輩以外にも看護師さんや薬剤師さんとの良好な関係を築いていくことが大切です。

そこで今回ポイントとして話すのは「第一印象」です。

今回は第一印象の重要性について解説をした上で、第一印象をよくするための4つのポイントを紹介します。

職場環境に変化がないという人でも初めて会う患者さんや、そのご家族への対応に応用できると思うので是非みてください。

なぜ、人間関係を構築していく上で、なぜ第一印象が大切なのでしょうか?それには2つのある心理現象が関係しています。

初頭効果とは?

一つ目は「初頭効果」と呼ばれる現象です。

例えば、初対面で眼鏡をかけている人をみた場合、その人は眼鏡をかけている人という印象が植え付けられます。

つまり、これは、「初めてあった時の印象がその後もその人の評価に影響を及ぼす」ということです。

実際に、皆さんの中にも最初の数秒で得た印象を持つという経験をした人も多いのではないでしょうか?

この心理効果のこと

初頭効果

と言い、1946年に社会心理学者のソロモン・アッシュによって提唱されました。実際に人の第一印象は「出会って6-7秒で決まる」と言われています。

メラビアンの法則とは?

2つ目は「メラビアンの法則」。

これは話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験によって数値化したもので1971年にアメリカの心理学者のアルバート・メラビアンによって発表されました。

この研究では「人は感謝や気持ちを伝えるコミュニケーションを取る際に、どんな情報に基づいて印象が決定されるのか」を検証しています。

この結果によると、

人間が他人とコミュニケーションを取るときの判断材料の割合は、「視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%」とされています。

コミュニケーションを取る上で、非言語情報がどれほど人の印象を左右するのかを示しています。

情報の種類概要割合
視覚情報服装、仕草、表情、視線55%
聴覚情報声のトーンや大きさ、口調38%
言語情報言葉そのもの、会話の内容7%

人は初めて会った人から数秒の間に得た非言語情報によって、その人に対する印象を決めてしまうことがわかります。

第一印象を良くする4つのポイントとは?

清潔感のある身だしなみ

医師は身だしなみが大事です。何日も洗っていない白衣やスクラブで患者さんに挨拶したりしてしまうと、信用しづらいです。

なるべく爪を切ったり、髭を剃ったりしましょう。

社会人になると、中々周りは気づいても言わなくなってしまうのでそこはしっかりと意識してください。

相手に安心感を与える笑顔

初対面の人とコミュニケーションを取るとき意識して欲しいのは優しい表情で対応するということです、相手に安心感のある笑顔で話すと、「私があなたを受け入れようとしている」ということの意思表示になります。マスクをしてもわかるような目元を意識して表情を作り、声のトーンもなるべく攻撃的になるのではなく感情を入れて話すようにしましょう。

相手がわかりやすい言葉で話す

ついつい医者は何かを説明するときに難しい言葉で話がちになってしまいます。相手の立場に立って、その人にあった言葉を選びながら話しましょう。私自身は、その人の職業や立場によって、職業の例えば話をしながら話すようにしています。

相手の目を見ながら落ち着いて話す

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。