医師転職

明日から実践‼︎伝えることが苦手な医師が身につけたい「伝わる力」とは?

ペンギンくん

●この記事はこういう人向け

・これから新しい病院で働く研修医や医師

・働いているけどコミュニケーションに不安がある人

・伝えたはずなのにうまく伝わっていないとという経験をした人

「申し送りで伝えたはずなのにうまく伝わっていない」
「患者さんにもICで伝えたはずなのに伝わっていない」

そのような経験を職場や患者さんへの診療の中で経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

特に医者は短い時間で大切な情報を周りの同僚や同じ医療者に色々な指示を含めて伝えてないといけないシチュエーションは多いとされます。ただ、焦りや緊張でうまく話せなかったり、大事な情報が抜けてしまったりした経験をしたことがある先生も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コミュニケーション術の一つである「伝わる力」について解説します。

「伝える」と「伝わる」の違いとは?

伝えると伝わるという一文字の違いになりますが、その意味は大きく異なっています。

一人称視点が伝える、三人称視点が伝わると言います。実際にコミュニケーションでは伝えるというものだけの視点だけでなく、伝わるという視点が大事になってきます。

コミュニケーションエラーが起きる際には、多くがこの「伝える」という段階で終わってしまい、「伝わる」までの状態になっていない段階になっていることが多いです。

伝える

「伝える」という言葉の定義は、発信者の伝えたい情報を一方的に相手へ受け渡した状態のことです。

主語は”自分”となり発信者側から1方向へのアクションとなります。相手の置かれている状況を顧みずに、自分の相手に知って欲しい情報を話すため、伝えたい内容が間違って伝わったり本当に伝えたい内容が伝わっていない場合があります。自分本位の目線だけでは相手の心に響かないのです。

伝わる

「伝わる」という言葉の定義は、発信者が伝えたい情報を相手が受け取り、相手に理解することができている状態のことです。

主対象は”相手”となり、

簡単にいうと

相手が理解していない状態から理解している状態に変わった

ということを示します。

つまり、発信者が発した言葉が、相手の行動や理解、感情を動かし、行動変容を起こすことを目的としています。

相手の心に伝わっているかどうかは相手の表情や声のトーン、雰囲気などを注意深く観察することが大切になります。

「伝わる」コミュニケーションとは

コミュニケーションとは、知覚や感情、思考などを双方向性に遣り取りし合うことを言います。

つまりコミュニケーションとは、一方向性のものは成立しません。簡単にいうと、コミュニケーションは発信者が「何を言ったか」ではなく、受け取った相手が「どう理解したか」が大事になります。つまりコミュニケーションは相手の理解度に依存するということです。

ではどうすれば相手の理解度を上げるコミュニケーションをすることができるのでしょうか?

・相手の立場に合わせる

医師の場合、看護師や患者さんや先輩や同僚、他職種などに同じ内容を伝える場合でもそれぞれの相手の理解度が異なるため、相手に応じて伝え方を変える必要があります。

皆さんの周りにもついつい患者さんに医療用語をたくさん使ってICを行ったりしている医者がいるのではないでしょうか?

またついつい忙しい医療現場だと言葉を省略して話して重大なインシデントに繋がることもあります。

一番大事なことは相手がしっかりと理解することができるように、相手の年齢、性別、医療に対する理解度を考えてその立場の相手に合った言葉を使うコミュニケーションを意識しましょう。

同じ”ものさし”を使った言葉を使う

お互いの認識のズレを少なくするためには「同じ基準の”ものさし”」を使って伝えることを意識することが大切です。ついつい使いがちな”少なめ”や”たまに”などの抽象的な表現を使うのではなく、EBMを使って具体的に数値化し、認識のズレを使い防ぎます。また、相手の生活環境や価値観に近い言葉を使うこともこの認識のズレを防ぐことに繋がります。

相手が受け止められる情報量で伝える

ついつい伝えたい内容が多くて長々と話しがちですが、端的に一番伝えたいメッセージを取捨選択して伝えることが相手に伝わるために必要です。

メッセージを短く切り、シンプルに伝えることが一番大事になります。また可能であれば、何かしらの例えや、ジェスチャーを使うことも一つの選択肢になります。

「上手に話す」をゴールにしない

流暢に話すことは、確かにある場面では大事かもしれませんが、医者にとって大事なことはそれぞれの立場に合わせた言葉を使う必要があります。医者は、医療業界では中心的になってチーム医療になることが多いです。そのために医者は色々な立場に伝わるようなたくさんの視点を持つことが必要です。自分たちが使った言葉が相手にどこまで伝わっているのか意識してコミュニケーションを取ることが必要です。

相手の視点に立って、相手が本当の意味でコミュニケーションを目指してみてください。

●伝える力と同じように、大事な周りのモチベーションを上げるコーチングのスキルについても記載しています。

明日から使える‼︎絶対に医者が身につけるべきなコーチングのスキルとは?【忙しい医者向け】コーチングとは?実際に実現したい自分になるために、自分自身の原点を顧みさせて自発的な行動を起こし、自己の実現を促すコミュケーションスキルです。これは医療現場で一番医者が身につけるべきスキルの一つです。医者がコーチングによってコミュニケーションスキルが上がることで、患者さんとの関係性の構築や、他の医療者や同僚や先輩後輩との関係作りに役立ちます。 ...
明日から実践できる‼︎コミュニケーションが苦手な医者が身に付けておきたい「きく力」【忙しい医者向け】医療の最も大事なことは患者さんから話をきくことです。実際医療の中で一番大事なこの「きく」力について全く習うことがないので今回医者向けに書いてみました。また職場での他の職種との関係でも大事になってくるこのきく力について書いてみました。...

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。