医師転職

明日から使える‼︎絶対に医者が身につけるべきなコーチングのスキルとは?【忙しい医者向け】

コーチングとは? 

実際に実現したい自分になるために、自分自身の原点を顧みさせて自発的な行動を起こし、自己の実現を促すコミュケーションスキルです。

これは医療現場で一番医者が身につけるべきスキルの一つです。

医者がコーチングによってコミュニケーションスキルが上がることで、患者さんとの関係性の構築や、他の医療者や同僚や先輩後輩との関係作りに役立ちます。

コーチングを行うとパフォーマンスが向上する

コーチングの一番の醍醐味は本人自身に「気づき」や「自発的行動」を起こすことです。このプラスの行動変容をすることで、仕事の自体へのパフォーマンス向上を狙うのです。

実際に、人からやらされて行うことでなく、自分事として物事に対して取り組むことができるようになると、あらゆる面でパフォーマンスが変わります。

実際に仕事に対するパフォーマンスの向上も見込めますが、私生活にも効果は波及し、人生の幸福度が向上します。自分も含めて若手の医師や医学生は進路で迷ったりすることがあり、このスキルは後輩や同僚に対して有効なスキルになります。

また、患者さんに対してもこのコーチングをすることで、治療や退院後の生活や、人生への最期を迎える意識を持つことへの意識が備わる手助けになります。

傾聴とコーチングの違いとは?

コーチングはコミュニケーションのスキルの一つとなります。ただ、コーチングは相手の話をきくことが大前提になりますが、ただじっくり聴くのとは違い、その都度、質問を繰り返します。

ただ、質問を繰り返し、相手の行動変容へ無理矢理持っていく誘導尋問とは違います。

コーチングとは、相手の心を開き、何を本当に思っているのかを引き出すのです。

そのためコーチングを行う上で3つのスキルが必要になります。

コーチングに必要な3つのスキルとは?

コーチングを行う上で必要なスキルはシンプルで下の3つになります。

・認める

・聴く

・質問する

3つのスキルは並べて見ると、実際に簡単にできることだと感じますが、深く理解して実践することがコーチングには大切となります。この3つのスキルを学ぶことで相手により良いパフォーマンスの向上をもたらすことができるのです。

具体的な例をあげてこの3つのスキルについて解説していきます。

明日から実践できる‼︎コミュニケーションが苦手な医者が身に付けておきたい「きく力」【忙しい医者向け】医療の最も大事なことは患者さんから話をきくことです。実際医療の中で一番大事なこの「きく」力について全く習うことがないので今回医者向けに書いてみました。また職場での他の職種との関係でも大事になってくるこのきく力について書いてみました。...

ありのままの存在を認める

相手の存在を認めてあげることです。今風で言うと、相手にリスペクトの心を持つと言うことです。私たち自身でも相手が自分を認めてくれない環境だと、相手に心を開こうとは思いません。そのためコーチングする立場の人は相手がしっかりと話せる環境を作るために、相手に敬意を払うことが大切になるのです。

実際の行動では、相手の目を見たり、しっかりと相槌を打つなど、意見をきく相手の存在をしっかりとして意識することが大切です。その上で相手が行なった行動の結果を全部非難するのではなく、承認してあげることが大切です。意識して変化ができた行動や、達成できたことを認めてあげることが、第一歩と言えます。

成功や失敗に限らず行動していることとその過程や、過去の相手の行動の変化の過程を認めることです。

上下関係をつけずに対等な関係で相手を認めてあげることが大切になります。

君自身が頑張っているのは本当にすごいと思う」などと頑張りに対して自分の評価を加えることが有効となることもあります。

コーチングの主体は受けて自身

傾聴とは聞くという行為ではなく、徹底的に相手の話を聴くということになります。

コーチングの一番の目的はコーチングをする側ではなく、受け手自身に自分で考えて解決策を考えてもらうことにあります。

ある大きな問題や課題があった場合には、その問題に対する事実関係ではなく、そのことに対して受け手自身がどのように考え感じているのかについて話し合わないといけません。

受け手自身が問題や課題に対して何をどう考えていたのか、一旦他人に話すことで、その情報の持つ意味について認識できるようになるのです。ついつい本音を話しすぎてしまったというような状態にすることが必要です。そのためには相手の話をよく聞き、タイミングよく頷いたり、相槌を打つなどして、相手が話しやすい環境を作るのです。

一般的に人は話を聞くより、人は話す方が楽しいものです。

実際、コーチングを受けて真剣に集中して聴いてもらえることは、とても気持ちよく嬉く、話しを聴いてもらえると、さらに話したなり、内面にあるものがどんどん湧き出てくるのです。

誘導尋問ではなく質問をする

コーチングにおける質問は相手が気付いてないことをわかってもらうことを目的としています。そのためコーチングは自分主体ではなく相手の為に行うものです。

つまり、相手が求めていることや考えていることを自分自身がわかったとしても、相手がそれに気づくまで質問を続ける必要があります。

解決策があったとしてもその解決策を具体的にこちらが示すのではなく、その解決策に辿り着くようにサポートするのです。あくまでも主体は話し手ではなく受け手となります。

大事なことは、質問した後に相手がしっかりとそのことに考えることができるように時間をおくことです。

そして、「聴く」の引き出す効果をもっと高めるために、ポイント毎に質問をしていきます。話が途切れたとしても、質問の仕方を変えたり、違った視点から物事を見るような質問をすると、相手に新たな「気づき」を与えることにも繋がります

まとめ

コーチングここ数年で注目を集めています。コーチングをうまく使うことで相手の「気づき」や「自発的行動」を促すコミュニケーションスキルになり得るということです。

病院やクリニックなどでチーム医療の要を担っていくこれからの医者が身につけるべき必須のスキルと言えます。

スキルはシンプルで「認める」「聴く」「質問する」という3つのことだけですが、コミュニケーションの中でうまく使うことがポイントになります。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。