医師転職

忙しすぎてイライラ‼︎医師が怒りをコントロールするために知っておきたい「アンガーマネジメント」の基本

「当直中、何度もピッチにかかってきた」

「処置中なのに先生早くして言われた」

「しっかり説明したはずなのに聞いてないと言われる」

など、医療機関で働く医者に取って過大なストレスによる”イライラの感情”は切っても切り離せないかもしれません。

ただ、その状況でイライラしていると周りにそれは伝染してしまい、周囲にも影響を与えてしまいます。その結果、自分自身にどんどんストレスが溜まっていたりするなどの悪循環に陥ってしまいます。私自身も経験ありますが、忙しい状態になってしまうと周りに当たりたくなる状況になってしまいます。「本当は怒りたくない」「周りにもっと優しく接したい」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事中のイライラが軽くなるためのスキル「アンガーマネジメント」の基本について紹介していこうと思います。

怒りの感情と上手に付き合うスキルを身につけて、気持ちよく仕事ができる環境を作りましょう。

医者が知るべき”アンガーマネジメント”の基本

アンガーマネジメントとは、その名前の通りに怒り感情をコントロールするための心理的スキルのことです。

実際、最近コーチングと同様にこのアンガーマネジメントについて知られてきており名前を聞いた方もいるかもしれません。

では、一体、アンガーマネジメントとはどのようなものなのか、簡単に解説します。

怒りの感情は人間の「防衛機能」の一つ

怒りの感情は人間が本来持っているものです。いきなり何を言っているのだと感じる人もいるかもしれませんが、喜怒哀楽という言葉があるように人間にとって怒りとは大事な表現の一つです。そして自分自身を守るための防衛機能を果たします。

アンガーマネジメントとは、「怒りの感情自体をなくす」のではなく、「怒りの感情とうまく付き合う」ということが大切な考え方なのです。

実際、周りで怒りの感情のまま周りに当たったり、暴言を吐いたりしている人はいませんか?そのような人と一緒に働きたいと思う人がどれだけいるでしょうか?

 怒りをうまくコントロールし冷静に対処することで自分自身にストレスを溜め込まず、自分に取って一番いいパフォーマンスを作ることができる環境にすることができるのです。

このアンガーマネジメントは、周囲の人のためだけでなく、自分にとってもプラスに働くのです。

今すぐできるアンガーマネジメント実践編

ではどうしたら、怒りの感情をコントロールすることができるのでしょうか?具体的な

4つの方法を紹介します。

まずは怒りの感情が出た時、次の4つを意識してみてください。

①一呼吸の間、待つ

怒りの感情は、代謝系でいうとアドレナリンやノルアドレナリンによるものと考えられています。即時に効果を発揮するため、1呼吸を置くことでその感情をコントロールすることができるのです。

具体的には、「怒りの感情が沸いたら一呼吸待つ」ことを意識してみましょう。この方法を実践するだけでも、気持ちが全然楽になります。

他に落ち込んだり、疲れている時も、この1呼吸することでスイッチを切り替えることができます。

②怒りに点数をつけて物事を客観的にみる

アンガーマネジメントで次に大事な考え方が「自分の置かれている状況や感情を客観的にみる」という姿勢です。

かっとなった時に、自分の中でどのくらいの怒りの感情が起きているのかを数値化してみましょう。

NRSと同じように10段階評価をつけてみるとわかりやすいかもしれません。

例えば、理不尽なことがあったりした際に、点数をつけてみると、前回は8点だったけど、今日は6点だなと、ある程度気楽に思えるはずです。

この自分自身を、主観的にみるのではなく、第3者目線でみるという姿勢もアンガーマネジメントには欠かせない要素の一つです。

「こうあるべき」を手放す

アンガーマネジメントは、「もっと感謝すべき」や「なんでしないんだ」など、自分が持っている価値観を相手に押し付ける姿勢を一旦手放しみることも大切なことの一つです。

医師は「こうあるべき」という価値観が強ければ強いほど、それと異なることが起きた時に強い怒りを感じてしまいます。実際、医師であれば、こういう時はこうしてこうしないといけないなど、気負いすぎてしまうとそれに足らない時についストレスを感じてしまうものです。

これは一朝一夕で身につけられるものではありませんが、日々の勤務を通して「今、自分の価値観を人に押し付けてしまったな」など、自分を客観視してみることを意識してみましょう。

実際、こうあるべきという思考を手放すと気持ちが楽になり、より何事にも柔軟に対処できるかもしれません。

どうにもできないことに怒らない

明日の天気や電車の遅延など、「自分ではどうしようもないこと」がたくさん世の中には存在しています。実際、電車の遅延で駅のホームで怒っている会社員のニュースをみたことはないでしょうか?自分のコントロールが及ばない事柄に怒りの感情を注ぐことはエネルギーの無駄使いです。

 ただ、患者さんが急に発熱したり、頑張って書いていたカルテや紹介状がパソコンの不備で急に消えてしまりしまったら本当にイライラしますよね。ただ、なかなか難しいと思いますが、「仕方ない」と割り切って気持ちを切り替えてみましょう。

仕事のストレスがプライベートにも響くようならジムやランニングで体を動かしたり、友人とカフェで時間を作って話をするなど、自分なりのストレス発散方法を実践してみましょう。

もしもっと具体的な方法を身につけてみたいという方は次に関連する書籍を読んでみてはいかがでしょうか?

勤務中にイライラしてしまう」という医師の方は、少しずつアンガーマネジメントのスキルを身につけてみてはいかがでしょうか?

下のボタンから他のスキル向上の関連記事に飛べます。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。