初期研修医

【研修医向け】研修医に伝えたい大事な8つのこと

①どんな暴言や嫌味を言われたとしても怒らないように

実際に、初めての当直や夜勤をしているとお酒に酔った人から暴言を吐かれたり、嫌味を言われたりすることもあります。こちらが必死に働いているのに殴られたりすることもあります。

初期研修医がファーストタッチする病院ではやはり一番最初に患者さんを診察する分ストレスがかかることもあります。

また入院が決まって、上の先生に連絡することもあるかもしれません。そして夜間であると起こされたせいでイライラしたり、普段穏やかな先生が口調が荒かったりするかもしれません。

正直そういう場面に遭遇すると疲れます。そして雰囲気が一旦悪くなるとそのイライラは伝染してしまいます。

そして自分までもイライラしてしまいます。そういう時はゆっくり深呼吸をしてください。

②頑張りすぎないこと

医者生活を始めると本当に色々なことを学ぶことが必要があってついつい頑張りすぎてしまいます。休みの日もついつい頑張ろうと思って勉強してしまったり、肩の力を入れすぎてしまいます。

ただ自分でも気が付かない内に疲れが溜まっていることがあります。

そしてその疲れで簡単なミスをしてしまい、余計落ち込んでしまいます。実際に周りと比べてしまい、自分がなんでできないだとか、自分はこれだけ出来るんだと主張したくなったりします。

ただ、研修医なんて所詮働き始めて1年目・2年目そこまで出来るようになりません。

自分に悲観的にならずにしっかり休んでください。

③自分の趣味を続けること、新しく持つこと

ワークアズライフやワークライフバランスが大事だと思います。リフレッシュするときはしっかり休んでストレス解消しましょう。忙しいから趣味をしないのではなく、それをしないことでストレスが溜まるのであればぜひ参加しましょう

④地域の行事に参加してみる

地域の行事に参加することで入院患者さんとのコミュニケーションがとてもスムーズになります。・実際の地域に即した行事や慣わしなど本当に患者さんに寄り添うならその患者さんの背景を知ることが本当に必要になります。その地域の行事に参加することで研修先の地域がより好きになりより身近になります。

⑤本や勉強会にお金を惜しまない

最初の2年間はどんなことでも一番大事だし、やる気に溢れている時期です。

そして一番伸びる時期と言っても過言でもありません。そのため、自分の進もうと思っていない診療科ではなくとも、勉強したいと思ったら突き進みましょう。

実際にその進むことで思ってみない発見があります。

自分は毎月5万円以上は本や教材、勉強会に使っていました。実際にこのおかげと言ってはなんですが、超音波は本当に当てれるようになりましたし、重症患者にもある程度落ち着いて対応できるようになりました。

研修医時代は浅くても、幅広くいろんなことを学習することが大事だと感じています。

⑥とにかく貪欲に

ある同期は自分は眼科に進むから眼科以外は適当にやればいいやとか

などと、適当にやろうと思っている人がいたらそれは間違いです。

眼科に進んだけど、既往に大動脈解離があるから、そのことに尋ねられたりします。

実際、このいろんなことを貪欲に学ぶ姿勢は、患者さんの急変など自分一人しかいない時に本当に役立ちます。

⑦社会人の自覚を持つこと

実際これは言わずもがなですが、、、社会人として1年目や2年目など若い時は社会人としてどうすればいいのかを身につけていく必要があります。

・笑顔で挨拶をしたり、間違ったときはしっかりと謝ること

時間を厳守すること

メールや書き方・紹介状の書き方

実際、学生だったのにいきなり医者になって周りから急に先生として呼ばれ出して偉くなったように思ってしまう人もいます。ただどんな歳になってもですが、相手に尊敬の念を持って接することが必要です。

⑧研修修了証を手に入れる

これが一番大事です。体調を崩そうがどうしようがこの研修修了書を手に入れることが一番大事です。

この研修修了書があれば本当になんとかなります。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。