医者の資産運用

【忙しい医師向け】しっかり使いたい住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除は、住宅ローン減税、住宅控除、住宅減税など色々な呼び方がされていますが、正式名称は「住宅借入金等特別控除」と呼ばれるものです。

簡単に言うと一定の条件を満たして住宅を購入すると税金が安くなる制度です。

住宅ローン控除対象になる家にはどんなものがあるのでしょうか?

ざっくり言うと、住宅のうちほぼ全ての住宅が対象となります。

対象の住宅は、新築・中古を問わない戸建てやマンションなどほぼ全ての住宅が対象になります。増改築や大規模リフォームでも利用が可能です。

また土地のローンも対象になります。

*新築購入の2年前に土地を購入した場合も対象になります。詳細は

住宅借入金特別控除の対象となる住宅ローンについて国税庁HPへ

住宅ローン控除制度の利用のより詳しい条件とは?

制度の利用には住宅・設備の詳細は関係なく、基本的な条件として

対象となる条件

  • 40平米以上のマイホーム
  • 取得後も半年以内に住み続けている
  • 半分以上を居住スペースとしている
  • 10年以上の住宅ローンがある
  • 所得総額が3000万円以下

となります。

住宅ローン控除の対象外ケース

①対象とならない住宅の例:

  • 別荘、セカンドハウス
  • 貸家
  • 親のために購入した住宅(自分はそこに住まない)

②対象とならない住宅ローンの例:

  • 会社から借り入れ(無利子または利率0.2%未満)
  • 親・知人からの借り入れ

③その他・制度対象外の例

  • 贈与による取得、または同一生計親族などから取得の場合
  • 居住した年と前後の2年ずつの5年間に、居住用財産を謙譲した場合の長期謙譲所得の課税特例の適用を受けている場合

対象となる住宅条件や期間をみてみるとおそらくほとんどの家で利用ができるのではないでしょうか?所得総額の欄も勤務医の所得でも3000万円を超える人はそうはいないですし、この3000万円は色々の税金の優遇をした後の金額ですし。

どれだけの税金が安くなるのでしょうか?

この制度を使うとざっくり言うと、

最大で10年間で

400万円

の税金が安くなります。

*増税の影響で控除期間が13年間に現在は延長されています。

つまり、年間で40万円の額が税金として安くなります。

この制度では、住宅ローンの年末時点で住宅ローン残高の1%が10年間、所得税(及び住民税)の額から控除され、最大控除額は10年間で400万円(1年で40万円)となります。額で言うと、かなりの控除額になります。

控除額の条件:

  • 減税限度額
  • 12月末時点のローン残高の1%の金額
  • 自身の1年間の所得税金額

のうちのいずれかの少ない方となります。

この住宅ローン控除、利用しない手はないと思います。実際に利用しなかったら+で40万毎年かかったお金が自分の手元に残るのです。それで旅行に行ってもいいですし、趣味にも使うこともできます。

しっかりと利用して今より豊かな生活を送りましょう。

住宅ローン控除についてより詳しく知りたい方へ税理士youtuberの大河内先生が詳しく解説しているので是非みてみてください。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。