医師の副業

【忙しい医者向け】再確認⁉︎死亡確認の手順と方法とは?

死亡確認の方法

医者になると、絶対避けては通れないのが死亡確認です。この死亡確認は基本的に、医師と歯科医師にしか許されていない行為となっています。

実際、何科の先生になっても避けては通れません。

特に副業としてバイトをしているとこの死亡確認をする場面によく遭遇します。

・老健での当直バイト中

・救急当直中の病院でのCPAなど

この死亡確認は大学のOSCEでやり方を教わりますので、どの若手の医者も一度は習っていることだと思うのですが、毎日しているわけではないので、ついつい自信がないまま、行っているのが事実になっています。個人的に自分も自信がなく、その都度やり方を確認して行っていました。

今回は死亡確認の手順と、死亡確認に必要な道具とについて説明してみます。

⓪自己紹介をする

①心電図モニターがflatになっていることを確認する

②橈骨動脈・頸動脈の触診を行い、脈拍がないことを確認する

③瞳孔が散大していることを確認

④対光反射(直接反射・間接反射)が消失していることを確認

⑤睫毛反射の消失を確認

⑥胸部聴診を行う

心音がないことを確認する

呼吸音がないことを確認する

⑦その後、「●月×日□時××時×分、死亡を確認しました」と死亡宣告を行う

⑧経過や死因の説明をする

⑨死亡診断書を作成する

【必要な道具】

・聴診器

・ペンライト

・腕時計

死の3徴(対光反射の消失、呼吸の停止、心停止)を行うために必要な道具です。ついつい腕時計を忘れてPHSなどで死亡確認をしてしまう先生がいるかもしれませんが、自分が家族だったら最後はしっかり腕時計で確認して欲しいと思う人が多いと思うので必ず腕時計で死亡宣告するようにしましょう。

また必ず、亡くなった患者さんの病室または自宅に入る前に、必ず最低限の身なりは整えましょう。またPHSや携帯電話の呼び出し音なども本当に注意が必要です。

その日しか見ていない私たち当直医にとっては多くの患者さんのうちの一人ですが、その家族にとってはかけがえのない一人の人なので、患者さんのことを思ってできる限り、畏敬の念を持って対応するように心がけましょう。
死亡診断書については厚労省のHPにマニュアルがあるので見てみてください。

スポンサーリンク:

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。