【忙しい医師向け】株価が上がる時とは?どんな時?

貯める力

株で稼ぐ基本は、安く買って高く売ることです。このため、株式投資を初めて行く上で、どういう理由で株が上がっていく状態なのかを掴むことは必要です。株価は需要供給曲線にそって決まっています。株価が上がる状態は買い手が多い状態です。つまりその株は人気が高くみんなが買いたがる状態です。 今回は株価が上がる理由について書いていきます。

目次

1.業績が好調である

①業績が好調である業績が好調であるということは、より大きな利益を生みやすい状態にあるわけです。
そして、その業績が続くと会社としても成長すると考えられて、株価が上がります。投資家は成長していくと判断してよりお金を投資するのです。かっこいい言い方をすると未来に投資するのです。

実際にアメリカ株は、30年以上業績が好調で増収増益を続けている企業が多くあります。そのような株は株価が右肩上がりで上がり続けています。

2.決算が上方修正された時

②業績の見通しを上方修正した当社の会社の予想より、見通しを上方修正したときです。会社側の思っていたよりも利益が出そうですよという報告です。投資家としてもこの会社が今後倒産する見込みがないと判断し、安心して投資ができます。株価を見ているとこの上方修正した時次の日は、株価が右肩上がりで上がります。例えるなら、ある薬を使っていて、効果があると知られてはいても、実際に使用してみると思った以上に薬の成果があってみんながより使い出すような状態に似ています。少し例えが悪いですが、、、、

3.復配・増配をする時

実際に株は配当金などのインカムゲインと売却益などのキャピタルゲインの2つに分けられています。
配当金はインカムゲインに分類されます。この配当金が増加すると聞いたらやはり投資家は購入したくなります。実際株を行い始めると、中々売り時が難しく株価が上がり始めるとまだ上がるんじゃないかとか、株価が下がり始めると、もう少し待てば株価が上がるのではと思ってしまいます。そのため、この配当金は資産を増やすために重要な役割を担っています。

4.新しい発表が会った時

新製品の発表や新しい工場の建設などの発表があるなど新しいことを始めるときは株価が上がります。
実際の例としては、今では多くの日本人が使っているiphoneがいいかもしれません。故スティーブジョブス氏によるiphoneの発表があった次の日には株価が大幅に上がっています。
新しいことを始めることはリスクもありますが、その商品が革新的であったり、利益を増やすために現実的なものと判断された場合は大幅に上がります。しかし、逆にあまり良くない発表であった場合などは大幅に株価が下がります。投資家の期待に対して株価が反応するのです。

 

5.合併・買収が起きた時

株式会社が合併や買収によって企業間の相乗効果が出て、企業価値が上がると判断された場合には、株価があがります。
現在世界的なファイザーや、日本の企業で超有名企業のソフトバンクはこの合併や買収を繰り返しています。
実際に、企業価値のある企業を買収することでより成長していくスタイルとなっています。ただ、逆に日本の銀行によってはこの合併買収は下はいいですが、うまく行かずにそのあと株価が下がってしまったということがあります。

 

6.より大きな株式市場に上場した時

割安株の修正割安に放置されていた株が、あるきっかけで株価上昇がおきることがあります。その出来事というのは、上の1−5の理由もそうですし、東証2部から東証1部へ移動(鞍替え)異動することを発表して、たくさんの投資家の目に触れた時にも株価が上がることがあります。
逆にいうと割安株が見つかりやすいのは投資家の数が少ない株式市場に多いと言えます。
市場でも大きい市場に行くと高い商品が、裏道にある小さな市場に行くと割安で売られるという経験がしたことはないでしょうか?
それと同じことが株式にも言えるのです。
ただ、上場企業としては株価が高くなると企業の価値も高くなるため、よりお金が集まりやすい東証1部などの大きな株式市場に上場することを希望することが多いのです。これまではマイナーだった株がメジャーデビューするということです。

株価上昇要因の例をいくつか挙げてみました。株価の上昇につながる要因はこのほかにもたくさんあると思います。株で勝つために株価が上がらなければ難しいです。
この項目を意識して投資をしてみましょう。
次は逆に株価が下がる時について書いてみます。

\医師お得情報/

今なら医師限定で「m3.com」に無料登録するだけで、Amazonギフト券3000円分が貰えるキャンペーンが行われています。\ギフト券をゲットする/

期間限定の可能性もあるのでお早めに!

他のポイントサイトについてもっと知りたいときは下のリンクから詳細記事へ飛べます。